外来診療スケジュール

診療時間


受付時間は診療開始15分前から診療終了30分前までです。木曜日午後の小児科は一般外来と予防接種・健診外来を待合室・診療室を別にして小児科医2名体制で行っています。
当院小児科へ通院中の患者様へは24時間電話相談を受け付けています。
訪問診療を受けられている患者さんへの電話・往診対応は24時間365日行なっています。
休日:日曜日・祝日

ページの先頭へ

内科

総合内科・気管支喘息・アレルギー科

 ほぼすべての病気を対象としています。臓器別の枠に縛られず、広くあらゆる健康問題に対処します。患者さんのニーズに合わせ、また心のケアにも配慮して全人的な医療を提供することを目標と考えています。どの科の病気か分からない、問題点が幾つもありどの科で対処してもらえるか分からないときはご相談下さい。アレルギー性鼻炎や気管支喘息などのアレルギー疾患の診断・治療も得意としています。

ページの先頭へ

循環器内科

 米国循環器科専門医である伊藤大樹医師が担当します。伊藤大樹医師は米国で内科と循環器科の臨床トレーニングを行いました。トレーニング終了後は米国で循環器科専門医スタッフとして患者さんの診療を行なっていました。検査・治療の適応を重視した世界標準の医療を提供するよう心掛けています。病歴・理学所見・非侵襲的検査[心電図・心臓超音波検査・運動負荷検査など]を重視し、心臓カテーテル検査などの侵襲的検査は本当に必要な時のみ行います。狭心症・心筋梗塞・弁膜症・心不全・不整脈などの心臓病のみでなく、頸動脈狭窄症・腎動脈狭窄症・鎖骨下動脈狭窄症・下肢閉塞性動脈硬化症などの末梢血管病の診断・治療も得意としています。また、高血圧症や高コレステロール血症の治療など心臓病・末梢血管病の予防にも力を入れています。

ページの先頭へ

老年内科

 ご高齢の方は多くの病気をかかえていることが多く、病気の診断・治療のみを目的としてもその後の生活の質がよくなるとは限りません。検査に苦痛を伴ったり、また治ることがあまり期待できない病気もあります。当科では1つ1つの臓器に注目して診断・治療を行うのではなく、患者さんが活力ある生活ができるように、予防・治療・介護に至るまでの問題を取り上げ総合的に対応します。また、ケアマネージャー・訪問看護ステーション・介護事業所とも連携し包括的ケアを提供します。当院には強力な在宅医療チームのバックアップがありますので、必要があれば外来診療から訪問診療へ移行することも可能です。また、伊藤新一郎医師と伊藤大樹医師は福岡市東区の認知症相談医です。福岡市の認知症サポート医や認知症疾患医療センターとも連携しております。認知症の初期段階で適切なケアを受けることで進行を遅らせることができますし、原因によっては治るものがあります。「最近 物忘れが多い」「何度も同じことを行ったり、尋ねたりする」など、ご家族で「認知症かな?」と思われることがあれば早めにご相談下さい。

呼吸器内科

 呼吸器疾患全般の診療を行っています。咳や痰、胸痛、息切れ、呼吸困難といった症状があるとき、これらの症状は、気管支炎、肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患 COPD、気管支拡張症、結核、肺がんなどさまざまな要因が考えられます。当院では胸部レントゲンや、肺機能検査、各種血液検査などを行い、必要であれば高次医療機関と連携を取りながら診療を行っています。
また在宅酸素の導入及び管理、いびきや昼間の眠気など睡眠時無呼吸症候群に対する簡易検査や、ニコチン依存症に対する禁煙治療、肺炎予防に対するワクチン接種なども積極的に取り組んでおりますので、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

小児科

 小児科では、地域のかかりつけ医を目指します。こどもと同じ視線で会話し、わかりやすい診療を心がけます。内科と連携し、ご家族での受診が可能です。外来通院が困難な場合、在宅診療を行い、24時間対応します。高度専門医療機関と連携し紹介をスム―ズに行うことも大切な事と考えています。男女の小児科医が常勤しており、病気のことだけでなく、子育てなどのお悩みについてもご相談ください。 当院小児科通院中の患者様は24時間電話相談が可能です。また、外来通院が困難な方には、在宅診療を行い24時間往診対応を行います。

腎臓小児科

 腎臓小児科では、夜尿症やこどもの腎・泌尿器の病気を専門としています。おねしょが治らない、尿が近い、日中にお漏らしする、オムツを外せない、健康診断で血尿やたんぱく尿を指摘された等の尿に関するお悩みについて気軽にご相談ください。また先天性腎尿路疾患や慢性腎炎やネフローゼ症候群などの慢性腎臓病も高度専門医療機関と連携して診療を行います。当院小児科通院中の患者様には24時間電話対応します。また、外来通院が困難な方には、在宅診療を行い24時間往診対応を行います。

ページの先頭へ

緩和ケア外来

 当院では地域で緩和ケアを必要とする患者さんやご家族のために、2012年4月より緩和ケア外来を始めました。がんなどの病気になると、患者さんやご家族には様々な「痛みや苦しみ」が生じます。それは、痛みや吐き気といった体の症状 (身体的苦痛) のみでなく、心の落ち込みやイライラ (精神的苦痛)、仕事の心配や経済的な悩み (社会的苦痛)、そして「もう生きる意味がない」といったスピリリュアルな訴え (スピリチュアルペイン) かもしれません。こういった「痛みや苦しみ」を、それぞれの患者さんやご家族に合った方法で取り除いたり和らげるたりすることを「緩和ケア」と呼びます。「緩和ケア」は当院の医師・看護師のみでなく、必要に応じて地域のケアマネージャー・薬剤師・訪問看護師などと協力して提供していきます。当院ではホスピスケアのみでなく、がん診療連携拠点病院や地域の専門病院で抗がん化学療法などを行なっている患者さんも対象に緩和ケア (非ホスピス緩和ケア) を行なっています。緩和ケア外来に通院されている患者さんに対しては、24時間365日電話・往診 (必要時) 対応します。

ページの先頭へ

煙外来

 タバコを吸う患者さんは医学的に「ニコンチン依存症」と呼ばれます。つまり、喫煙とは単なる精神依存ではなく、ニコチンという物質に対する薬物依存症なのです。禁煙外来ではカウンセリング ( 認知行動療法) と薬物療法 (バレクレニンという内服薬やニコチンパッチを使用) を組み合わせて治療を行います。禁煙を考えている方はご相談下さい。

ページの先頭へ

健診

 内科健診:内科では福岡市特定健診 (よかドック) と企業健診 (入学時・入職時健診を含む) を行っています。よかドックは福岡市国民健康保険加入者で40歳以上の方が対象です。また30 - 39歳の方で、職場等で健康診断を受ける機会がない方は よかドック30 を受けることができます。


 小児科健診:小児科では10カ月健診 (公費) を行っています。 ご希望に応じ、7カ月健診や1歳健診も行います。

ページの先頭へ

予防接種

 内科・小児科ともに各種予防接種を行なっています。予防接種は基本的にいつでも可能ですが、院内での感染を防ぐため小児科では木曜日午後に予防接種・健診のみの外来 (発熱・咳などの症状を伴う患者さんは受診できません) を行なっています。水痘・風疹・おたふくかぜ・ロタウイルス・破傷風・A型肝炎ウイルス・B 型肝炎ウイルス・高齢者肺炎球菌に対するワクチンについては予約が必要ですので、あらかじめ電話でご予約ください。何か不明な点があれば電話でお問い合わせください。